【介護職必見】あなたの仕事は1秒あればよくなる。

今日は、介護職員の仕事が良くなる方法を一つ伝授しようと思います。

それも1秒だけ使ってよくなる方法を伝授します。

最後までお付き合いください。

見えないものは、核兵器より怖い

人間は見えるものより見えないものの方が大事なことが多くあります。

代表的なものとして、心や考え、悩み、言葉などです。

その中で言葉は、人と関わるのに一番重要なツール・手段です。

言葉がないと、他人に考えを伝えづらいです。

また、言葉を使わずに考えることはできません。

そして、言葉は核兵器より怖いことを知っていましたか?

「核兵器 いらすとや」の画像検索結果

言葉は他人を喜ばせたり、傷つけたり、時には人を殺したりすることもできます。

私も言葉を使ってブログを書いている以上、言葉の力を意識して日々望んでおります。

介護現場では言葉の力は重要で、介助作業を行うくらい重要だ思います。

利用者様・入居者様に対しての何気ない言葉が、相手を勇気づけ傷つけます。

介護現場のタメ口のメリット・デメリット

タメ口の問題が介護の世界では議論されますよね?

職員さんが「親しい気持ちでタメ口で言ってます」という人がいます。

気持ちはわかります。

一方で相手も親しい気持ちで聞いているのか?というのも判断基準の中に入れて欲しいです。

多分、しばらくはこの論争は続くと思います。

言葉遣いで施設の稼働率や満足度が変わったというのが立証されていませんからね。

ちなみに私はいつも丁寧語で話すようにしています。

日本語は、相手との距離感で言葉が変わります。

例えば皆さんの家族への言葉遣いと会社の上司に対して同じ口調の人はいますでしょうか?

私の知っている日本の常識は、家族にはタメ口で上司には丁寧語で話しかけているはず。

ですよね?

この常識が、お互いに共有されていないとどうなるでしょうか?

例えば、あなたが上司にタメ口を言ったら上司はどうとらえるでしょうか?

上司も社会人ですから、口に出さずに「おいおい、何考えているんだ?」と思うでしょう。

人によっては「その口のきき方はないよ」と注意するかもしれません。

「介護 いらすとや」の画像検索結果

また利用者様・入居者様をお客様として接しているということもあるでしょう。

自分が客の立場に立った時に、タメ口で話しかけられることはありえないと考えています。

接遇は、まずは話す自分が相手とどう距離感をとるのかを意識することが重要だと思います。

その距離感を考えると1秒で景色は変わっていくと思うのですが。

介護職員さんがタメ口を言うことで、施設の信用が落ちる場合

外部の人間から見た、接遇の重要さを体験談から書こうと思います。

私は仕事の都合で茨城県中の介護施設に訪問することが多いです。

時間帯で言うと、朝早いときもあれば、夕方、いや夜のときもあります。

ある日、私がデイサービスに訪問したとき、ちょうど朝の送迎の時間帯でした。

「介護 いらすとや」の画像検索結果

車から降りてくる利用者様に申し訳ないと思いながら、玄関に入ろうとしたときです。

デイの職員さんが私に向かって笑顔で「おはようございます」とあいさつしてくれました。

あ、気持ちが良い職員さんだなと思いました。

ところが5秒後に、イヤな職員さんだなって変わるようになりました。

その職員さんは、私にあいさつして180度振り返ったときです。

ぶっきらぼうに怒ったように利用者様に「ほら、早く降りて降りて!」とせかしていました。

「怒る いらすとや」の画像検索結果

イヤなものを見ちゃったなという気持ちになりました。

私に対する態度と、利用者様に対する態度がこんなに裏表激しいものかと。

背筋が凍る気分になりました。

そして、ここからがもっと嫌でした。

言葉の遣い方に対して誰もそのことに指摘をしていなかったのです。

「無表情 いらすとや」の画像検索結果

できないほど、接遇の感覚マヒが進行しているのかとも思ってしまいました。

当然、施設の印象がよくなることはありませんでした。

この職員さんは、道を尋ねる高齢者に対しても同じような口調で言うのだろうか?

たぶん、言わないと思います。

職場に染まってしまうがあまり、自分の発した口調にすら疑問を持たない。

そんな自分にはなるまいと改めて決意した一日でした。

みなさんは、職場の雰囲気に流されていませんよね?

トップの人が本気でやることは何か?

今回の記事をみて経営者・管理者などトップ皆様がやるべきことは何でしょうか?

よくトップの人達は現場はなってない、言葉遣いを直せと言います。

でも、トップの人も利用者様にタメ口なことも多いです。

そりゃ、上がやってないと、下々はやりませんよ。

本気で現場を変えようとしたいなら、まず、その気持ちを伝えているかどうかです。

これも1秒あればできますよね?

また、仕事の仕組みとして、具体的に言うと、人事評価や処遇に影響しているかどうかです。

そこまでやらないと初めて人は本気にならないと思います。

そして、人は気持ちが行動に移るまでに2~3か月かかると言われています。

そこまで執念が必要になります。

でないと、いつまで経っても変わりません。

ま、これは他の問題も同じですね。

まとめ

本気で今以上のスキルを求めたいなら、考え方を見直ししましょう

小山邦広からのお願い

私、小山邦広は介護に関する情報を毎日更新しております。

研修・経営のお悩み、ブログのリクエスト、お仕事ご依頼、そのほかのお問合せは

《こちらをクリックしてください》

私、小山邦広に興味を持たれた方は、FacebookやTwitterでもアカウント持っております。

画面下にある「小山邦広をフォローする」の下にあるアイコンを押してくださいませ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました