今年、介護職員の給料を上げる方法を探してみた

「お金 こだわる いらすとや」の画像検索結果

自分はお金にこだわります。

ホントにお金が大好きです。

なぜなら、お金は世の中のほとんどのものを交換できるツールだからです。

でも、その万能感から、人間の社会的・心理的支配のツールとみなされます。

物語の悪役にお金持ちが多いのは、その支配的ツールによる擦り込みの影響だとのこと。

自分が自由になれるツールとして必要なのがお金だと思うと良いじゃないでしょうか。

「世の中はお金じゃない」という言葉があります。

真理ですが、あえて言います。

それはお金に困らないほど稼いでいる人が言える贅沢なセリフです。

ちなみに世の中が 「世の中はお金じゃない」 と言える状態になれればいいなと考えています。

今日の記事は、そんな私の考え方に共感していただくとうれしいです。

世の介護職員の給料いくらなのか?

ボーナスもろたった

これは、統計で出ています。

介護労働安定センターの調査報告によると、平均賃金は正規職員は234,873円、管理職は359,357円もらっているようです。

これは、基本給に諸手当が加わったものになります。

介護福祉士の資格手当は、月に1万円程度といわれています。

そう考えると、年収は280万円程度くらいでしょうか?

また年収はいくらあると、幸福感が一番高まるのかという統計も出ています。

筒井義郎・大阪大学名誉教授などの調査によると世帯年収が500万円がピークとのこと。

あとはいくら年収が上昇しても幸福度が上がらず、下がるという結果が出ています。

とりあえず、世帯年収500万円を目指しては、いかがでしょうか?

何をしたら年収はあがるか?

えへへうふふ(何か良いことがあったに違いない)

持論を言うと、これから介護業界で年収を上げるとするなら2つのルートがあります。

どちらも共通して言えるのは、高い付加価値を提供できることです。

  1. リーダーシップが取れる
  2. ノウハウを提供できる

リーダーシップが取れる

後ろを歩く美人社員に左手の薬指を見せ未婚をアピールする独身貴族

これができる人が、意外といません。

レアものです。

ビックリマンシールで言うと、ヘッドクラスです。

ヘッド・ロココや、ワンダーマリアあたりです。

中谷彰宏も「したい人、10000人。 始める人、100人。 続ける人、1人。」と言ってます。

デイサービスを例にとります。

利用者様が定員いっぱいまで来られた施設とします。

「以前と比べて利用者が来たのは良いけど、レクがマンネリになってるから改善しよう」

このように施設の課題を感じて改善したいと考えるスタッフは10000人いるようです。

「じゃあ、新しくプログラムを作ったから、みなさんやってみましょう」

こうやって実行するように始められる人は10000人中、100人レベルです。

この段階で100人に1人の割合です。

介護施設だと、施設に1人いるかどうかのレベルです。

付加価値ありませんか?

「やったけど、新しいレクを覚えない人がいるから時間を作って覚えられるようにしよう」

実行して課題を感じてさらに対策を立てられる人は100人中、1人レベルです。

このように長期的な課題について、経過を確認しながら達成する人材はホントにレアです。

これができる人がいたら、ぜひとも管理者に任せたいレベルです。

ちなみに、管理職レベルだと上のグラフに沿うと、年収420万円はいけます。

2馬力で働けば、500万円は余裕でいけると思います。

ノウハウを提供できる、研修講師になる

真剣にメモを取る研修生

こういう人物もめったにいません。

特に実技系で教えられる人物は、茨城県内なら20人いるか怪しいです。

・教える内容について根拠を分かりやすく説明できる
・根拠の理論武装が整っている
・説明が面白く飽きない
・困ったことや質問に適切に答えられる
・介護福祉士の資格を持っている

これが全部できる方は、今すぐ講師の道に進むことをお薦めいたします。

茨城なら、介護福祉会で講師登録することをお薦めいたします。

ただし、勤務先には事前に相談してくださいね。

ほとんどの施設では、とりあえず副業禁止になっています。

「とりあえず」とはどういう事かというと施設にメリットある副業はアリな場合があります。

施設への広告効果がある、講師をすることでスキルアップだということを話をすれば・・・。

また、時間外で応対するとか、収益の一部を施設に入れるとかの相談をすれば・・・。

意外と認めてくれるところも多いので、挑戦してみましょう。

まとめ

  • お金は汚くありません。自由になれるツールです
  • リーダーシップが取れる人間がいないのでやってみましょう
  • 研修講師になる方法もスキルアップも兼ねた収入アップになれます
  • 実は、この他にも収入が上がる方法があります。それはまた、いつぞやに・・・

小山邦広からのお願い

私、小山邦広は介護に関する情報を毎日更新しております。

研修・経営のお悩み、ブログのリクエスト、お仕事ご依頼、そのほかのお問合せは

《こちらをクリックしてください》

私、小山邦広に興味を持たれた方は、FacebookやTwitterでもアカウント持っております。

画面下にある「小山邦広をフォローする」の下にあるアイコンを押してくださいませ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました