レベルの高い仕事の成果を上げるには「やる気」は必要

経営者から「職員がやる気を出すにはどうしたらいいです?」と相談されます。

その時は、2つの方向性があると言います。

(1)職員が内心からやる気を出そうとする仕組み。

(2)経営側が職員側を認めていると思わせる仕組み。

ま、そもそも、やる気が必要なのかという考え方もあるようです。

結論から言うとやる気は必要です。

今日は、そこから話そうと思います。

やる気が出なくなるとどうなる?

「やる気なし いらすとや」の画像検索結果

こういったニュースが出ています。

ギャラップ社が全世界1300万人のビジネスパーソンによる調査結果
・日本企業は「熱意あふれる社員」の割合が6%、米国の32%と比べて大幅に低い
・調査した139カ国中132位と最下位レベル
・「周囲に不満をまき散らしている無気力な社員」の割合は24%
・「やる気のない社員」は71%

実感有りませんか?

満員電車に片道1時間も乗って通勤していたら、やる気は消えますし・・・。

やる気がなくなると、どうなるのか?

日本人はまじめですから、一応仕事はします。

ただし、ルーティンワークしかしない傾向になります。

要は決められた仕事しかしないということです。

言われた仕事しかしなくなるということです。

従業員として求められる仕事の80%はルーティーンワークだと言われています。

つまり80%しか頑張らなくなるということです。

縮小再生産になります。

ホントはやってほしい、あとの20%の仕事は何か?

サムネイル画像

例えば、こんな感じのものです。

・業務改善(仕事のムダ、ムラ、ムリの見直し)
・新しいサービスの企画(介護の場合はレクやケアの提案)
・記録による情報提供
・職員教育、OJT(現場教育)
・面談
・現場の課題の抽出、解決への提案

ま、リーダーさんクラス以上がやる業務が多くなるのですが・・・。

考える余裕がないと、後回しにしたがります。

皆さんが現場のサービスを上げることをしない限りはレベルは上がりません。

ちなみにレベルを上げるための仕組みづくりや設備調達などを検討するのが経営陣です。

自分は隙間時間に何をしている?(半分広告)

サムネイル画像

ちなみに、自分は自動車で1時間かけて出勤しています。

その間ってもったいないですよね?

ラジオでニュースを聞いていることがあります。

また、勉強をしていることもあります。

私は、ただいま中小企業診断士の勉強をしています(2020.01.29段階で一次試験合格)。

その時にお世話になったのは通勤講座でした(今はSTUDYingと言うらしいです)。

これを移動しているときは車の中で教材を流しまくりました。

資格勉強は机に向かうばかりじゃないので、参考にしてください。

これから経営を検討される方には、とりあえず簿記3級をおすすめします。

年3回試験があり、50時間勉強すればとりあえず通ります。

最低限の施設のお金の流れが分かると思いますので、お薦めいたします。

まー、移動しているときはインプットの時間にしています。

あとは、youtubeをBluetoothで聞いていますね。

鴨頭嘉人、まこなり社長、キミアキ先生の起業酔話、このあたりはチェックしてます。

Audibleで本を月に3~4冊買って聴いてもいます。

時間は有限ですので、効率よく使っていきましょう。

やる気を出すためには、内面に働きかける

一般論で言います。

尻に火が付かないと、やる気は出ません。

サムネイル画像

なぜなら、やる気のある人はすでに何かしら動機があるわけだからです。

やる気がない人には動くための動機はない、もしくは薄いです。

本人がやる気を出す意味を感じない限り、こちらが何言っても無駄です。

逆に言えば、やる気を出さざるを得ない状況になって初めて動機は出ます。

不健康や病気にになって、初めて健康のありがたさが分かるようなものです。

これは人によって様々です。

お金、生活、家庭環境、キャリアアップいろいろスイッチは違うと思います。

ちなみに自分は40代です。

尻に火がついています。

老後2000万円足りない問題がきっかけです。

お金が足りないと自覚しているからこそ、自分の付加価値を高める努力をしてます。

日本人なら効果的かもしれない動機づけ方法

サムネイル画像

あとは、日本人特有のやる気の上げ方ですが・・・。

日本人は良くも悪くも周りの雰囲気を読みながら変えていく習性があります。

やる気ある人が現場の1/4いると、職場の雰囲気は変わっていきます。

やる気ある人7%しかいないとのことですが、14人に1人しかいない計算になります。

これを14人中、4人に増やす努力をすることです。

あと3人(誰かは分かりませんが)は、何とかなると思います。

あと3人が職場にやりたいことは何か?

将来、望んでいることは何か?

管理者はぜひとも訊いてみると良いと思います。

まとめ

  • やる気が出ないとルーティーンワークしかやらなくなります
  • 職員個人個人の動機は何か探ってみましょう
  • 全体の1/4を超えると現場は変わっていきます。
  • BOØWYの「on my beat」は良い曲です。「moral」も良い曲です。

小山邦広からのお願い

私、小山邦広は介護に関する情報を毎日更新しております。

研修・経営のお悩み、ブログのリクエスト、お仕事ご依頼、そのほかのお問合せは

《こちらをクリックしてください》

私、小山邦広に興味を持たれた方は、FacebookやTwitterでもアカウント持っております。

画面下にある「小山邦広をフォローする」の下にあるアイコンを押してくださいませ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました