【レビュー】『月収15万円だった現役介護士の僕が月収100万円になった幸せな働き方』を読むことで見える、介護業界の今後

サムネイル画像

今日は介護業界で気になる人の書評をします。

深井 竜次(以下、たんたん(ハンドルネームより))著:『月収15万円だった現役介護士の僕が月収100万円になった幸せな働き方』です。

前から気になっていた方です。

自分がtwitterを始めるきっかけになった人物です。

そのたんたん氏が本を出したいうので、kindleで読んでみました。

今日はその書評を書いてみようと思います。

たんたん氏とは何者?

これから書評を書きますが、まず、 たんたん氏は何者なのか軽く紹介します。

たんたん氏は保育士から介護士に転職した、島根県在住の現役介護士です。

介護職の給料や働き方に疑問を持ち、派遣職員になりました。

派遣で働くことで労働時間を減らし、介護職専門のブログサイトを立ち上げました。

介護士働き方コム(たんたん氏のブログ)https://www.tantandaisuki.com/

アフィリエイトブログを始めて、約1年後にブログ収入100万円になった実績があります。

介護現場に立ち続けながら、介護職の悩みや問題を解決へ導くブログを運営してます。

自分も介護関係のブログを運営している身なので、参考にさせていただいてます。

話題には乗り遅れてはいけないのが自分の性分です。

この本は「上有政策下有対策」

サムネイル画像

この本を一言で表すならば、上有政策下有対策(上に政策あれば、下に対策あり)と言えます。

自分の置かれた環境を振り返って、自分がどのように生きたのかを書いた本です。

特異な点としては、給料が低い業界と言われる介護業界がスタート地点だということでしょうか。

そして、対策に取った最初の手がブログであることでしょうか。

私は起業家としての生き方を説いているの本に思えました。

だから介護の仕事を天分にしている人には、踏み台にされたという気持ちになるのでしょう。

事実、その手のtwitterがあふれたのは納得しました。

でも、生き方の目線が違うので、相入れないだろうと思えます。

細かい論点:第1章

サムネイル画像

文章は非常に読みやすいと思います。

ただし、介護職にとってノイズに思える表現が序盤にあります。

文章のノイズは、読むリズムが悪くなるので早めの訂正が必要かと思います。

コロンブスの卵のような、先行者利益の意識を持つ良さが強く見られます。

稼げる自信を手に入れたところが大きいのでしょう。

ホリエモンの「多動力」に似た考え方かと思いました。

多動力 (NewsPicks Book) (幻冬舎文庫)

新品価格
¥550から
(2020/2/11 00:06時点)

派遣職員としてのメリットを多様な面から紹介しており、勉強になることが多いです。

資格のバックアップに関しては、処遇改善加算のキャリアパス要件Ⅱでチェックすると良いです

もっとも処遇改善加算を周知していないのは最悪ですが・・・。

生涯賃金や年収で見れば良いという考え方には共感できます。

たんたん氏の生活リズムが表に書いてあるのは参考になります

意外にも起床時間がほぼ決まっているのが興味がわきました。

細かい論点: 第2章

サムネイル画像

介護業界は不特定多数の人物に集客するスタイルではないです。

そのためケアマネ向けに、セールスライティングは必要と思えます。

「お金=自分を犠牲にした自分の時間」の考えは刺さりました。

「人生は経営者である」という考え方を思い浮かべました。

たんたん氏は意識してるかわかりませんが、SWOT分析の考え方も採用しているようです。

本が必要という考え方はよくわかります。

自分の場合は、読まず聞けるAudibleを利用しています。

Audible (オーディブル) – 本を聴くAmazonのサービス

新品価格
¥0から
(2020/2/11 00:20時点)

細かい論点: 第3章

サムネイル画像

そもそも、この本は解決方法を載せていることに価値があります。

普通の人間は問題はブチ上げますが、解決方法は出せないんですよね。

たんたん氏の考えるビジネスモデルについてですが・・・。

自分が体験していないものを広告で紹介することは、どうしても乗りません。

これは、自分なりに今後の回答を作ろうと思います。

終わりを意識する時間管理方法は参考になりました。

細かい論点: 第4章

サムネイル画像

お金の意識づけに語っています。

投資については成功体験が必要かと思います。

人生のとらえ方は参考になる部分があると思います。

細かい論点: 第5章

サムネイル画像

完璧主義で人生を棒に振った時期がありました。

ミスを怖がってはいけないは、これからの考え方に通じるのではないでしょうか?

自分の選択が、現実の自分につながっている生き方は立川談志師匠にも通じます

今後のたんたん氏はどうなる?

サムネイル画像

たんたん氏は最後に今後の自分について語っています。

もし、それを果たそうとするのなら彼が介護をどうみなすのかが注目されます。

日本人は「何屋さんなのか?」とこだわる方が多いです。

予備校講師の林修先生を例に挙げましょうか?

彼は 「今でしょ?」の フレーズで名前が売れました。

でも、圧倒的な講師としての実力もあるので、フレーズだけの人に収まらなかったのです。

今の習慣を続けた場合、介護屋としての実力が非常に問われるのかなと思いました。

もしくは、「個人で稼ぐ」方向にシフトチェンジするのかな?と思いました。

これは、企業の世界ではよくあることです。

任天堂が良い例です。

当初、任天堂は花札を売っていた会社でした。

カードを売るという考え方にチェンジして、日本で最初にトランプを作るようになりました。

そして遊びを売るという考え方にチェンジして、いろんなゲーム機が売られました。

英語でファミコンのことをNintendoというくらいメジャーになりました。

こちらの方向性になるかなと思うのですが・・・。

いずれにせよ、この本は起業を考えている方に読んでみると良いと思います。

では、施設の働き方はどうなる?

サムネイル画像

では、たんたん氏の訴える生き方を介護職員全員が行うとどうなるでしょうか?

従業員を抱える法人にとって、全員がたんたん氏の生き方をされると人手不足になります

4週8休(160時間)を前提に動いている働き方が夜勤8勤(112時間)でやるとどうなるか?

あくまで法人は、直接雇用を前提にした運営・経営を想定していると思われます。

職員を派遣にすると、単純に人件費が2.85倍になり、人件費率が170%くらいまでいきます。

通常経営する側は、 人件費率が60~65%くらいになるようコントロールします。

人件費率が170%になると倒産間違いなしです

ただ、たんたん氏の言う通り、多様な働き方は待ったなしだと思われます。

職員は副業にも手を付ける流れになるでしょう。

法人側の収益と広告効果が見込まれる副業なら、黙認という形になるのでしょうか?

あとは、管理職になることで、収入が確保できるような仕組みが必要になるでしょう。

やはり、将来が見えないと離職は起こります。

そうなると、特定加算はAグループのみの分配になる流れになるでしょうか?

次年度特定加算は4月15日が計画申請の〆切になりました

これを機に、法人は特定加算の分配の方法を検討したらいかがでしょうか。

まとめ

  • 先行者の考え方に触れることは勉強になります
  • 環境が変われば自分も変わる必要があるようです
  • 法人側は副業と管理職の処遇改善が急務になります
  • 水戸で食べられる担々麺は、「龍影」がお薦めです。

今日紹介した本はamazonからでも購入できます。

興味ある方は、ぜひ読んでみてください。

月収15万円だった現役介護士の僕が月収100万円になった幸せな働き方

新品価格
¥1,485から
(2020/2/11 06:41時点)

小山邦広からのお願い

私、小山邦広は介護に関する情報を、ほぼ毎日更新しております。

研修・経営のお悩み、ブログ記事のリクエスト、お仕事ご依頼、その他のお問合せは

《こちらをクリックしてください》

私、小山邦広に興味を持たれた方は、FacebookやTwitterでもアカウント持っております。

画面下にある「小山邦広をフォローする」の下にあるアイコンを押してくださいませ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました