【管理者必見】管理者が押さえておくべき14の仕事

サムネイル画像

介護現場に限らず、管理者は激務です。

現場のスタッフと違って求められることが違います。

正直、どうしたらいいんだろう?と戸惑っているかと思います。

今日は、管理者がやるべきことを紹介していこうと思います。

あ、想定しているのはデイサービス、デイケアなら管理者です。
特養など施設介護ならユニット・リーダー(フロア・リーダー)クラスです。

管理者がやるべき仕事って何?

施設で介護していると管理者って大変だなと思います。

ハッキリ言うと激務です。

ちなみにどんな仕事を押さえておいた方が良いのか

簡単に思いつくだけで、以下のものがあります。

14プラス1くらいで見てみましょうか。

なお、サービスごとに当てはまらないものもあります。

⓪他の職員と一緒にシフトに入ってケアをする
①シフトを調整して作る
②利用者の心身の変化を見て、ケアの方針を調整する
③職員の心身の変化を見て、働きやすいように調整する
④営業などで稼働率の対策をとる
⑤新しいレク・機能訓練を開発し、フロアに定着化させる
⑥担当部署で必要な記録をまとめる
⑦他の部署や本部で頼まれたことをこなす
⑧職員を教育する
⑨家族やケアマネの対応をする
⑩イベントを企画し、実行させる
⑪職員や上司・本部からの質問に答える
⑫管理者として会議・ミーティングに参加する
⑬フロアで起こった問題を解決するように働きかける
⑭その日の現場を指揮する

いや、わかります、これだけ並行してあると・・・。

全部いっぺんにやれませんよね?

多くの管理者は、「 ⓪他の職員と一緒にシフトに入ってケアをする 」で時間が潰されます

次にやっていることは「⑭その日の現場を指揮する 」でしょうか。

あ、現場に入ると「⑪ 職員や上司・本部からの質問に答える」に結構時間が潰されるんですよね。

知らないことを相談する人ならいいのですが・・・。

管理者に確認することで自分が安心したい理由で質問する人もいます・・・・。

サムネイル画像

月末の職場によっては「①シフトを調整して作る」で身を削っている人が多いと思います

「アイツと一緒に現場入りたくない」って職員さんっていますよね・・・・。

シフト表を見た時に、誰と一緒なのかをチェックするのって、あるあるなんでしょうか・・・。

やってない仕事が、職場に致命傷を及ぼす

逆にやってないのではどれですか?

「 ④営業などで稼働率の対策をとる 」をやってないデイサービスの管理者は多いですね。

自分の職分じゃないから、ってやらない人が多く見られます。

施設介護の場合だと稼働率対策は自分の領域じゃないと考える人がいます。

施設によっては入居者様を入院させないことも稼働率対策とみなしているところもあるようです。

全部やったら死んじゃいます!

まあ、でも言うがやすしですし、全部やろうとしたら時間がいくらあっても足りないです。

冗談抜きで死んじゃいます。

仕事はいくらでも作ろうと思ったら、いくらでも作れてしまいますからね。

介護を仕事にする人は、やさしくて真面目な人が多いのです。

だから全部ひとりで抱えて燃え尽きちゃう人が多くて切ないです

ホント、仕事で生きがいにするのは良いですが、仕事で死なないで欲しいのです。

だから、周りの職員さんにお願いしてください

そして管理職でないと出来ない仕事に集中してください。

「⓪他の職員と一緒にシフトに入ってケアをする 」、「⑤新しいレクを開発する 」、「⑭その日の現場を指揮する 」あたりから他の職員にお願いをしてみましょう。

まとめ

  • 管理職の仕事には目標はありますが、完成はありません
  • 全部仕事をやろうとしないでください。死にます
  • 「信長の野望」に出てくる武将は、全員管理職と言えます。

小山邦広からのお願い

私、小山邦広は介護に関する情報を、ほぼ毎日更新しております。

研修・経営のお悩み、ブログ記事のリクエスト、お仕事ご依頼、その他のお問合せは

《こちらをクリックしてください》

私、小山邦広に興味を持たれた方は、FacebookやTwitterでもアカウント持っております。

画面下にある「小山邦広をフォローする」の下にあるアイコンを押してくださいませ。

また、今日のブログが面白かったら、↓のアイコンをクリックしてください。

にほんブログ村 経営ブログへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました