【リーダー・管理職必見】三国志で学ぶ、年上の部下への接し方

介護職のリーダー・管理職向けに研修をしています。

アンケートをいただいていますが、このごろコメント欄で目立ってきているものがあります。

それは「年上の部下にどう接したら良いか分かりません」というものです。

意外と介護現場では現場スタッフが50代以上のところって多いですよね?

今日は、そんな悩んでいる人にアドバイスしてみようと思います。

三国志で参考にする上司と部下の関係

最近、KOEIで三国志14が発売されましたね。

三國志14

新品価格
¥8,818から
(2020/3/1 19:40時点)

やりたいんですけど、試験勉強もあるし、仕事もあるしで手に付けられません。

まあ、KOEIのことですから、PKが出るでしょうから待とうと思いいますが・・・。

三国志は様々な人間関係があるので、勉強になるところもあるのですが・・・。

今日は、その中で周瑜と程普の関係を紹介しようと思います。

その前に、この周瑜と程普の人物を軽く紹介します。

もっと細かく知りたい人は、これを機に三国志にはまってください。

周瑜と程普について

三国志は三という字が付くように3つの勢力に分かれていました。

その勢力のひとつに呉という勢力がありました。

wikipedia「三国時代」より

赤い勢力が呉です(ちなみに青は魏、緑は蜀漢)。

ちなみに、新型コロナウイルスでおなじみの武漢市は荊州と揚州の境目あたりにあります

呉は孫堅→孫策(孫堅の長男)→孫権 (孫堅の次男) と引き継がれました。

周瑜と程普は、いずれも呉の勢力の部下です。

周瑜は、孫策と義兄弟の関係になるほど親密で、奥さんが姉妹同士という間柄です。

将軍としても優秀で、孫権の時代には前線総司令官に選ばれます。

要は軍事のトップになるわけです。

ちなみに、この人は正式な歴史書(三国志正史)でもイケメンと書かれている人です。

一方の程普ですが、この人は、いわば最古参です。

孫堅の旗揚げの時代からついてきている古参中の古参です。

着々と実績を上げていたのですが、周瑜に役職が並ばれます。

ま、程普からすると面白くないですよね。

でも、この二人は最終的に仲良くなります。

では、どうしていったのでしょうか?

周瑜で学ぶ年上の部下の接し方

ここからは、『江表伝』から引用いたします。

程普はずいぶんと年上であったので、たびたび周瑜を侮辱していたようです。

そこで周瑜は膝を屈してへりくだり、決して張り合おうとはしなかったとのこと

程普は後になって自分から感服し、彼を親しみつつ尊重するようになりました。

それから程普は人に「周瑜との交遊は酒を呑むような感じで酔ったことに気付かない」と言うようになりました。

つまるところ、争わなかったというです。

相手が気が付くまで謙遜していったということです。

まあ、程普も実力者ですから本気で謙遜していたと思うのですが・・・。

ん?本気で謙遜?

では本気ではない謙遜ってなにか?

ひょっとしたら本気でない謙遜だと相手は、そう思われるのかも・・・。

相手の実力を認めることをしないと、相手も敬服しないのではないかと思うのです。

いかがでしょうか?

まとめ

  • 謙遜した態度で相手に臨みましょう
  • 本気の謙遜になるためにお互いの実力、良いところを認めましょう
  • 三国志の入り口は、横山光輝の三国志から入るに限ります

三国志 1 (潮漫画文庫)

新品価格
¥700から
(2020/3/1 20:34時点)

小山邦広からのお願い

私、小山邦広は介護に関する情報を、ほぼ毎日更新しております。

研修・経営のお悩み、ブログ記事のリクエスト、お仕事ご依頼、その他のお問合せは

《こちらをクリックしてください》

私、小山邦広に興味を持たれた方は、FacebookやTwitterでもアカウント持っております。

画面下にある「小山邦広をフォローする」の下にあるアイコンを押してくださいませ。

また、今日のブログが面白かったら、↓のアイコンをクリックしてください。

にほんブログ村 経営ブログへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました