介護職員さんを新人教育する場合に必要なこととは?

リクエスト企画です。

新人さんの教育方法について書こうと思います。

ここでの教育係とはOJTをやる人だと思ってください。

いわゆる現場で介助作業を教える人のことです。

教育の前提

まず、教育係の人に覚えて欲しいのですが・・・。

新人さん(特に未経験者)は、教える人の器までしか成長しません。

サムネイル画像

教育係の人自身が日頃から自分で体験したり学習するタイプでないと、成長は見込めません

だから、「新人が育っていない」のではありません。

「教えている自分が、それだけの器なんだ」でとらえていただくと良いです

身に覚えのある方は、まずは自分を成長させるように動く方が相手の教育効果が高まります。

例えば、デイサービスでは午後3時くらいにおやつの時間があります。

これ、なんでおやつを出すのか説明できますよね?

サムネイル画像

簡単に言えば、栄養状態を保つためと、食の楽しさを味わってもらうためですが。

なんとなく、「はい、時間だから、これやってね」だけだと、教わる方は白けますよ・・・。

作業だけやる人って、顧客満足度が低くなる傾向があります。

だから、なんでこの仕事をやるのかなを教える人は振り返る良いチャンスなんですけどね。

すべての仕事には目的と意味があるはずです。

見出せないものは、無駄な作業に陥っている可能性があるので業務改善する必要があります。

まあ、教育にかぎらず、問題って外に求めず、内に求めた方が解決しやすいです。

新人さんに何を求めるのか?

そもそも皆さんは新人さんに、何を期待しているでしょうか?

新人さんを「単なる人手」、「シフトの埋め合わせ」と期待している場合

業務の流れ、作業の手順、利用者様の取り扱い、物の置き場所しか教えない傾向があります

繰り返し言いますが、これって教わる方は楽しいですかね?

楽しくない仕事は続いていかないと思いますが。

いや、仕事に楽しいもクソもあるかという声もあるでしょう。

が、楽しく仕事をした方がパフォーマンスが良くなるというデータも出ています。

サムネイル画像

そもそも介護の世界で仕事をしたいという自体、介護に興味があるからでしょう・・・。

毎日現場に入っているのであれば、1~3か月あれば一通りできます。

この1~3か月をガマン出来ない職場の雰囲気、体質だと、いつまでも職員は定着しません。

あ、ちなみに自分は水戸市のデイサービスに初めて就職した時、こう言われました。

「今のうちに、若い自分がお年寄りからの体験談を聞くことができるって凄い機会だよ。いろんな話を聞いてみて。あと、どんな様子かを教えてね」って言われました。

今思うと、バイタルチェックだったんだけど、そうやって仕事を教わるのかと感心しました。

ホントに新人さんに期待されていることとは?

経営者が新人さんに期待することって、こんなことかと思います。

・現場を状況判断して、どの作業をなすべきかを考えられること
・利用者様の体調、精神状態を確認して、元気になる、もしくは穏やかになってもらうこと
・同僚の職員さんの特長を読み取り、波風を立たせないこと
・「いつまでに何やるのか?」を理解して協力して作業すること

まあ、上げればキリはないのですが、一番新人さんに期待することは

シフトに穴を開けず、辞めないこと

コレにつきます。

職員さんが辞めて新しい職員さんを採用、定着させるのって、ものすご~くお金がかかります。

150万円前後かかるともいわれています。

小さな民間会社ならボーナス飛びます。

そういった事情を知らない人が多いです。

で、新人さんが作業ができないという理由で「あの職員さんは使えない」、「こんなことできないなんて、普通にありえない」と言うのです。

話を戻しますが、自分が新人さんには、まず「介護の面白さ」を教えています。

そして「小さな成功体験」を積ませるようにしています。

そもそも、自分の職場に来てもらって「ありがとう」っていうところから始めますね。

利用者様が日常生活が出来なかったことが、また出来るって一番の介護の面白さだと思います。

あと、利用者様が感謝の言葉を新人さんに言うことが「小さな成功体験」かもしれませんね。

皆さんはどう思いますか?

現場の作業は毎日やればなんとかなる部分もあるし、仮にトラブルや事故があったとしても周りがフォローするでしょう。

教える人もそう習っているはずです。新人さんにもそのような気持ちに立てるでしょう。

ただ、メンタルや心の部分って、すぐには育たないのです

誰かの承認(リスペクト)と応援がないと続きません

承認される関係を作ってこないと、本来期待される役割は果たせないと思います。

人間って、周りの人から承認されることで初めて恩返ししようと思うものです。

まとめ

  • 教える人の実力をもう一度確認しましょう
  • 運営側、経営側の立場に立って教えることを実行してみましょう
  • 仕事は楽しいことを第一に教えましょう

小山邦広からのお願い

私、小山邦広は介護に関する情報を毎日更新しております。

研修・経営のお悩みへのご相談、ブログのリクエスト、お仕事のご依頼、そのほかのお問合せは

《こちらをクリックしてください》
※クリックするとメールが開きますので、送信お願いいたします。

私、小山邦広に興味を持たれた方は、FacebookやTwitterでもアカウント持っておりますので
画面下にある「小山邦広をフォローする」の下にあるアイコンを押してくださいませ。

また、今日のブログが面白かったら、↓のアイコンをクリックしてください。

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村 経営ブログ 組織・人材へ
にほんブログ村 経営ブログ 仕事術へ
にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護事業へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました