【新年度だからこそ】新人介護職員に求められる業績とは?

今日から令和2年度が始まりました。

福祉のお正月にあたります。

ま、今年は、新型コロナでとてもそれどころではありませんが・・・。

いずれにせよ、今日から社会人になった方がいるでしょう。

今日は、その方に(じゃない方にも)、「仕事で求められることとは何か?」を話をしたいと思います

組織人なら新人でもベテランでも業績は求められる

サムネイル画像

これは、別に介護業界に限りません。

何の業界でもそうです。

組織人として仕事をしている以上は、業績が求められます。

ここでいう業績とは、組織が期待している仕事の結果を指します

ほとんどの介護業界は組織が運営しています。

組織とは、社会福祉法人とか、医療法人とか、株式会社とかあります。

その組織が、あなたに期待に応えてくれるはずだという前提で賃金を支払っています。

その期待が、業績と呼ばれています。

介護職員に求められる業績って何?

でも、介護職に業績があるのか?と思いますよね?

確かに、介護職(特に現場スタッフ)は、業績が何か分かりづらいです。

これが、営業のお仕事ならわかりやすいです

「月に契約を●●万円上げる」と数値化できます。

でも、シビアですね。

某うちのカミさんは、昔、百科事典をセット売り(1セット100万円)していましたが・・・。

月に1件契約あるかないかの世界だったようです。

サムネイル画像

話を介護職に戻しましょう。

介護職は、確かに業績が数値化されません。

でも、業績は「できた・できなかった」で評価されるものもあります。

介護職は「できた・できなかった」で業績が求められます。

具体的には何か?

私は、とりあえず2つあるのではないかと考えています。

  1. 自己都合でシフトに穴を開けない
  2. 与えられた役割をこなす

自己都合でシフトに穴を開けない

サムネイル画像

コレって何気に重要です。

病気や不摂生な生活で、シフトに穴を開けないで欲しいということです

介護の現場は一人欠けると、荒れることがあります。

食事介護を8人必要な現場で、3人必要なところで2人になったらどうなるか?

なんとかはなりますが、誤嚥のリスクが高まります。

色んな意味でギリギリの人数で回すように、手配しているのです。

そこでシフトに穴を開けると、皆さんに迷惑をかけます。

酷い場合だと、売上が30%落ちる場合があります。

だから、自己都合でシフトに穴を開けないでください。

ちなみに、他者の都合でシフトに穴を開けるのは違いますからね

子どもや親の都合で、シフトに穴を開けざるを得ない場合は例外です。

自分でコントロールできることでシフトに穴を開けないで欲しいということです。

与えられた役割をこなす

サムネイル画像

役割というのは、現場で求められることをこなすことです。

これが業績です。

決まった時間と場面で、利用者と職員の状況を踏まえて最適なケアを提供する

これが業績です。

多分、現場の職員さんからみたら、「え?当たり前じゃん!」と思うかもしれません。

でも、当たり前のことを当たり前にこなすことって凄いことなんです。

さきほど書きましたが、介護の現場はスタッフさんが欠けると動けません。

逆に法人の経営者ができることって、限られています。

現場を励ますか、業界の先のことを考えるくらいです。

新人に求められる業績って何?

まあ、周りも新人さんにそんなに期待されていません。

ましてや未経験の人に期待してません。

緊張しなくて良いです。

笑顔で、元気に丁寧に接することをすればいいと思います

サムネイル画像

あと、謙虚にふるまうことです。

もっと業績が欲しい人はリンク先を参考にしてみてください。

まとめ

  • どんな仕事にも業績が求められます
  • 介護職員さんは、シフトに穴を開けずに役割をこなしていきましょう
  • あんまり気負わず、出来ることに心がけましょう
  • 今日こそ、志村けんが亡くなったことが嘘であってほしい日はないですね(2020.4.1)

小山邦広からのお願い

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: e4e52ce7e29460c817423bf0e65578ed-242x300.png

私、小山邦広は介護に関する情報を毎日更新しております。

研修・経営のお悩みへのご相談、ブログのリクエスト、お仕事のご依頼、そのほかのお問合せは

《こちらをクリックしてください》
※クリックするとメールが開きますので、送信お願いいたします。

私、小山邦広に興味を持たれた方は、FacebookやTwitterでもアカウント持っておりますので
画面下にある「小山邦広をフォローする」の下にあるアイコンを押してくださいませ。

また、今日のブログが面白かったら、↓のアイコンをクリックしてください。

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村 経営ブログ 組織・人材へ
にほんブログ村 経営ブログ 仕事術へ
にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護事業へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました