これから注目されるデイサービスはのキーワードは「○○○○○」

今日は事業者向け記事です。

デイサービスを経営される人が見ていただくと嬉しいです。

ブーンツー、ブーンツー、テテレッテッレッテッテー、テテレッテッレッテッテー

某ダイエットで有名なCMを憶えていますか?

結果にコミットするというキャッチコピーで有名な、あの会社です。

脂肪体が一瞬で締まった身体に変わるおなじみのCMです。

サムネイル画像

アレを見た時は、衝撃に思いましたよね?

ええ、驚きました。

こんなに変われるんだと。

サムネイル画像

そして、分かりやすい結果をはっきり出してきたなあと思いました。

この分かりやすい結果というのが、これからデイサービスに求められるものです

これからのデイは●●●●●的な役割を求められる

デイ利用前と利用後で、利用者の身体に変化が出るが重要になります。

デイを利用する前と、デイを利用した後で変化が出たのかが求められます。

いま、75歳の方が昭和20年生まれです。

あと2,3年で団塊の世代が後期高齢者の仲間入りになります。

サムネイル画像

それまでに結果にコミットするサービスを提供することを考えないといけません。

団塊の世代はコスパにうるさいです。

そもそも、コスパってバブルの時代にはなかった単語ですよね?

構造的な不況が20年以上続いたからこそ、考え出されたのがコスパなんです。

今までと違い、売上高をあげるなど稼げることは難しい。

なら、払った分のリターンをよこせ。

このコスパの概念は団塊の世代から強くなっていくでしょう。

それにコスパの考え方に合わせたデイにならないと生き残らないと思います。

サムネイル画像

例えば、デイならば要介護2だった利用者が半年利用して要支援になったとか・・・。

数値化でなくてもハサミが昔のように持てるようになった等の実績が必要でしょう。

サムネイル画像

その実績を利用者、家族、ケアマネにアピールできるかが今後必要になると思います。

ちなみに、団塊の世代の問題は、ここにもありますので、ご覧ください。

今のデイで求められるコスパは、新型コロナとも関連する

新型コロナが流行しています。

茨城もあっという間に感染者が100人を超えました。

こんな時期もあったんですが・・・・。

様々な施設が、コロナ対策のガイドラインを組んでいると思われます。

さて、このような状況下で予想される高齢者の身体の変化は何か?

おそらく廃用性症候群になる高齢者が続出すると思われます

サムネイル画像

今回のコロナウイルスは空気感染がありえると思います。

そうなると自宅にこもるので、筋肉が動かなくなります。

そうなった場合、廃用性症候群を早く回復できるデイの需要があるのかと思います。

もちろん、施設で感染防止ができているという前提ですけどね。

厳しいですね、でも、需要があるような気がするのですが・・・。

まとめ

  • 結局、コロナが終息しないと何ともなりません
  • でも、周辺の環境を踏まえての経営判断は常に考える必要があります
  • コロナビールを買って飲み込んでしまいましょう

小山邦広からのお願い

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: e4e52ce7e29460c817423bf0e65578ed-242x300.png

私、小山邦広は介護に関する情報を毎日更新しております。

研修・経営のお悩みへのご相談、ブログのリクエスト、お仕事のご依頼、そのほかのお問合せは

《こちらをクリックしてください》
※クリックするとメールが開きますので、送信お願いいたします。

私、小山邦広に興味を持たれた方は、FacebookやTwitterでもアカウント持っておりますので
画面下にある「小山邦広をフォローする」の下にあるアイコンを押してくださいませ。

また、今日のブログが面白かったら、↓のアイコンをクリックしてください。

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村 経営ブログ 組織・人材へ
にほんブログ村 経営ブログ 仕事術へ
にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護事業へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました