【経営者必見!】介護職員にリーダーをやらせる秘訣

介護のスタッフは、リーダーになりたがりません。

ましてや、管理職はそれ以上に敬遠される傾向があります。

これ、他の業種でもありうる話だと思います。

今日は、どうしたらリーダーをやってみたいと思わせるのか考えてみようと思います。

介護スタッフがリーダーになりたがらない理由

下のtwitterに真実があると思います。

要は上の人が辛そうにしていたら、そんな仕事誰がやるの?ってなりますよね?

これ、あらゆる職種に通じるものがあるかもしれませんね。

「仕事 楽しい イラスト」の画像検索結果

じゃあ、なんで今まで管理職になる人がいたのか?

そんなの給料がそれなりに出たからじゃないですか?

それなりの給料が出るようになってから、提案しましょうよ。

もしくは、上司の皆さんが楽しそうに仕事をしてみましょう。

「仕事 楽しい イラスト」の画像検索結果

これ、ちなみにお子さんへの教育も共通しています。

親御さんが仕事帰りが辛そうにしていたら、「働いたら負け」と考えるようになります。

結局は、子供は親の背中を見て育つということです。

処遇は最後のよりどころ

モチベーションについて、ERG理論というものがあります。

人間は成長欲求(Growth)と、関係欲求(Relatedness)と、生存欲求(Exstence)があります。

仕事を通して「おれ、強え!できた!」と感じるのが成長欲求です。

「俺、みんなに認められて頑張れる」と感じるのが関係欲求です。

「面白くないけど、給料良いからなあ」と感じるのが生存欲求です。

バブルまでは、やればやるほど、役職が上がるほど給料がそれなりに上がりました。

でも、一人あたりのGDPが30年も上がらずに足踏みしてます。

この状態で、給料上げられない状態で、ヤレっていわれてもやらないですよ。

だから成長欲求を満たす必要があるかと思います。

なぜなら、自分の価値を高めないと、これからは給料は増えていかない可能性が強いです。

成長意欲を満たす方法とは?

まず、日ごろの仕事の姿勢を認めて言葉を言ってるでしょうか?

「よし、施設のために頑張る」との気持ちには、心の投資が必要です。

心の投資で、コップから水があふれるくらいに投資することで、初めて相手の心は動きます。

サムネイル画像

私はやっていますと言う人もいます。

言ってますという人に言いたいのは、話したあとの相手の表情を見てください。

顔を見てくれれば大丈夫です。

でも、目を合わせない。言葉に生気がない。ほうれい線が動かない・・・

そんなことはあると、本心では納得していないこと多いです。

人は納得していないと、動いていけない傾向があります。

話したではなく、伝わったかで考えて動いてみましょう。

まとめ

・スタッフがリーダーになりたがらないのは、姿勢が辛そうと判断している可能性があります
・成長や関係性で仕事へのモチベーションを築いていきましょう
・まずは、承認する関係を築いていきましょう

コメント

タイトルとURLをコピーしました